■プロフィール

がと

Author:がと
ゆる系ボタニカル

■公国フェイスブック
■公国ちゃんねる 【BBS】
■最新コメント
■ブログ内検索

■カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■最新記事
■カテゴリ
■タグ一覧

■LINK
■QRコード

QR

■大きくなあれ!

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■E-mail

名前:
メール:
件名:
本文:

■バナー

サンプル

サンプル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

■RSSリンクの表示
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
在来系アマリリス・その④
IMG_1627.jpg
在来系アマリリス その④   Hippeastrum × hybridum  
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム連   Hippeastreae
ヒッペアストルム属    Hippeastrum


捨てられる予定だったものを、全て引き取るという条件で頂いてきましたw、30球ほどあるんじゃないかと^^;


IMG_1628.jpg
IMG_1630.jpg

前回紹介した、在来系アマリリス その①とよく似ていますが、こちらのほうが赤が鮮やかです。
一昨年の植え付けで去年まるまると球根を太らせ、今年やっと初開花しました。





ヒガンバナ科 | 13:46:55 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
トータルでは
ヒッペを一体何株お持ちなんですか?

画像検索すると、同じ品種でもちょっとずつ違う花がヒットすることがありますね。
古い品種の同定は、難しそうです。
2015-05-28 木 21:25:44 | URL | blauregen [編集]
わっはっはw

在来系なんていくつあるのか私自身把握してません^^;
中には産廃の鉢にあったものや、川からどんぶらこと流れていたものもあります。(よく庭の手入れで抜いたのを川に不法投棄する輩が上流におるようで、アガパンサスやユッカも漂流物由来のものがうちにあります。

2015-05-29 金 09:24:29 | URL | がと [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。