■プロフィール

がと

Author:がと
ゆる系ボタニカル

■公国フェイスブック
■公国ちゃんねる 【BBS】
■最新コメント
■ブログ内検索

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最新記事
■カテゴリ
■タグ一覧

■LINK
■QRコード

QR

■大きくなあれ!

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■E-mail

名前:
メール:
件名:
本文:

■バナー

サンプル

サンプル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

■RSSリンクの表示
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ヒッペアスケリアさん、やる気出す
IMG_1671.jpg
ヒッペアスケリア ×Hippeaskelia (=×Hippeastrelia )
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム   Hippeastreae
ヒッペアスケリア属    ×Hippeaskelia  属間交配種


いったいどうしたのでしょう?初回開花からずいぶん間をあけて、続々開花を始めました、本来の花なのですね!


IMG_1668.jpg

花弁の広い、スプレケリアって感じです。


IMG_1652.jpg
IMG_1657.jpg

それにしても・・・この花は地味な割にはよくもここまで普及したものです・・・希な属間交配種ということが価値なのかしらん?









ヒガンバナ科 | 12:42:48 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
属間交配
ヒッペアスケリアには個体によって咲きやすいのとそうでないのがあるらしいですね。
親の組み合わせが違えば、交配して得られた子どもの性質も変わるのでしょう。
×Howardaraなんて、できたこと自体奇跡ですよね。

Z.メキシカンとH.アンダーソニーが同時に咲いたので交配してみました。
実が膨らんできているような気がしますが、どうなることやら?
2015-05-28 木 20:00:50 | URL | blauregen [編集]
うちには3つの販売元から購入したものがあります。(不明・コーナンホームセンター(※ボナ)・サカタのタネ)
サカタのものは球根が大きかったですね。
不思議なことに今年はだいぶ前からあったものを含め初めて咲きました。

×Howardara・・・根性と愛情の塊でしょうね。見てみたいものです。

ゼフィランサスとハブランサスだから・・・ゼフィブランサスかハビィランサスですか^^;
成功するといいですね。
2015-05-29 金 09:29:48 | URL | がと [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。