■プロフィール

がと

Author:がと
ゆる系ボタニカル

■公国フェイスブック
■公国ちゃんねる 【BBS】
■最新コメント
■ブログ内検索

■カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■最新記事
■カテゴリ
■タグ一覧

■LINK
■QRコード

QR

■大きくなあれ!

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■E-mail

名前:
メール:
件名:
本文:

■バナー

サンプル

サンプル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

■RSSリンクの表示
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アップルブロッサム
bDSCN0122.jpg
ヒッペアストルム・アップルブロッサム Hippeastrum × hybridum 'Apple-Blossom'
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム連   Hippeastreae
ヒッペアストルム属    Hippeastrum


私の住む町のとある所にアマリリス・アップルブロッサムの群落があります。


DSCN0123.jpg
DSCN0124.jpg

その昔、オランダのルードヴィッヒ農園 というところで作出されたもののようです、今でも園芸店に球根が並ぶ超ロングセラー品種ですね。写真のものは元はたった1つの球根から増えたものだそうで、あまり分球しないといわれる大輪系のアマリリスのなかでは例外的で強健(すぎる)なアマリリスです、赤ん坊の頭の直径くらいある花を70センチ程ある花茎の先に咲かせます、大迫力!

家内の実家にも植えられています、晩秋に出回るポット苗を移植したものだそうですが、他の品種は絶えてしまってアップルブロッサムだけが残って増えているとのことです、在来系真っ青ですね^^;





ヒガンバナ科 | 12:57:06 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
!!
凄い・・!

大輪系アマリリスは鉢で単体で鑑賞するものと思っていましたが、環境が合えばこんな群になるものなんですね〜。
2015-05-23 土 14:07:19 | URL | blauregen [編集]
アップルブロッサムだけです、こんなになるの(^^;
いったい何の組み合わせで産まれて来たんでしょうね?
雑種強勢の見本のような品種です。

2015-05-23 土 14:11:25 | URL | がと [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。