■プロフィール

がと

Author:がと
ゆる系ボタニカル

■公国フェイスブック
■公国ちゃんねる 【BBS】
■最新コメント
■ブログ内検索

■カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■最新記事
■カテゴリ
■タグ一覧

■LINK
■QRコード

QR

■大きくなあれ!

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■E-mail

名前:
メール:
件名:
本文:

■バナー

サンプル

サンプル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

■RSSリンクの表示
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
在来アマリリス・その①
IMG_1456.jpg
在来系アマリリス その①   Hippeastrum × hybridum  
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム連   Hippeastreae
ヒッペアストルム属    Hippeastrum


通勤途中の畑の片隅で毎年咲く在来系のアマリリスです。
彼らにもかつて本当の品種名があったはずです。
これと同じ品種と思われるものが家内の実家にもあり、98歳で他界した祖父が若かった頃にはもう既にあったとのことです。過去色々なアマリリスが日本に渡ってきたはずです、その中で野に放され生き残ったものが”在来種”と呼ばれているようです・・・日本原産ではないので少し変だな~と思いますが、たくましく生き残った彼らの謎多き歴史にロマンを感じるのです。

何種類か我が家にもありますので開花次第UPしていきます。




ヒガンバナ科 | 17:00:21 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
似ている?
何となく、ですが。
最古の園芸品種と言われるジョンソニーに似ているような気がしますね。
2015-05-15 金 23:08:07 | URL | blauregen [編集]
wikiにある画像を見る限りでは似ていますね、217年の時を越え日本の片田舎まで、
、、
2015-05-15 金 23:21:32 | URL | がと [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。