■プロフィール

がと

Author:がと
ゆる系ボタニカル

■公国フェイスブック
■公国ちゃんねる 【BBS】
■最新コメント
■ブログ内検索

■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最新記事
■カテゴリ
■タグ一覧

■LINK
■QRコード

QR

■大きくなあれ!

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■E-mail

名前:
メール:
件名:
本文:

■バナー

サンプル

サンプル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

■RSSリンクの表示
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ロリポップ
IMG_1288_20150506110046927.jpg
ヒッペアストルム・ロリポップ Hippeastrum× hybridum ’Lolipop’

分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム連   Hippeastreae
ヒッペアストルム属    Hippeastrum

サカタのタネから発売される、耐寒アマリリスシリーズ『アマリリス・ガーデンオーケストラ』(海外でSonatini ソナチィニシリーズとして発売されているもののようです)の初期からのラインナップされ現在も入手の容易なロングセラー品種です、近年では国華園やタキイ種苗などからも購入できます。

・・・・サカタのタネでは-5°にも耐える・・・とのことですが・・・・、栽培してみた私の印象ですが大概のヒッペアストラム(アマリリスの学名上の属名)はそれぐらいの耐寒性は持っていますし、原種のパビリオ H.papilioカリプトゥラタム H. calyptratum とかは、もっと強いようです(軒下とはいえ常緑越冬しました。)

北関東など耐寒性の限界に近いところなら違ってくるのかもしれません。

IMG_1294.jpg
ピンクのグラデーションが美しく、中型でバランスの良い花の姿です、私のイチオシですね、ただ最近の中輪系品種全体に言えることですが結実しません。


ヒガンバナ科 | 11:28:58 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
花粉は?
花粉親としてはどうでしょう?
ヒッペは今頃開花するのがやはり多いんですね。
レインリリーだと、我が家にあるものではH.アンダーソニー、Z.メキシカンが5月中には咲き始めるのですが、そういえばメキシカンは交配に使ったことがなかったのでした。
2015-05-06 水 23:38:22 | URL | blauregen [編集]
まだ試しておりません^^;
新しい中輪品種は、なかなか結実しませんね。
ひょっとしたらわざと稔性を潰すように品種改良されたのかも、と邪推してます。

5月に咲くゼフィランサスがあるとは羨ましい・・・、ヒッペと交配実験できますね。
2015-05-09 土 17:04:09 | URL | がと [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。