■プロフィール

がと

Author:がと
ゆる系ボタニカル

■公国フェイスブック
■公国ちゃんねる 【BBS】
■最新コメント
■ブログ内検索

■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最新記事
■カテゴリ
■タグ一覧

■LINK
■QRコード

QR

■大きくなあれ!

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■E-mail

名前:
メール:
件名:
本文:

■バナー

サンプル

サンプル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

■RSSリンクの表示
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
植えっぱなしネリネ2
DSC01841.jpg
ネリネ 桃 Nerine Pink flower type
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科    Amaryllidaceae
アマリリス連      Amaryllideae
ネリネ       Nerine 

今をさかのぼること20数年前、私が高校生だったころに買ったネリネの生き残りです、管理の方法とかなにも知らず畑の隅に植えて、その年私は上京、そして12年後、帰郷して再開したときには・・・猛烈に巨大な株に・・・誰だ?サルニエンシス系が寒さに弱いとかいった奴?(花色からしてボーデニー Nerine bowdenii が混ざっていそうですが)

このネリネも去年、プランターに植え替え仮植え状態ですが。今年も2つ花を咲かせました、いつもより少し小ぶりです。

DSC01840.jpg
写真だと花弁のキラキラが再現できませんね・・・残念。
落葉樹の下とか半日陰のほうが調子が良いようです。



ヒガンバナ科 | 17:21:14 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
もしかして・・?
巨大でこの花色ということは、マンセリーだったりして。
ちょっと前に某学芸員様のブログで知ったのですが、サルニエンシスとフレクスオサの雑種で、ネリネらしからぬ丈夫さなのだとか。
2014-12-03 水 20:47:51 | URL | blauregen [編集]
みました(^^;可能性は高いですね、ブログ主の言うようにボーデニー売るぐらいならコレを売れ!と思いますもん(^^;
2014-12-03 水 22:45:09 | URL | がと [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。