■プロフィール

がと

Author:がと
ゆる系ボタニカル

■公国フェイスブック
■公国ちゃんねる 【BBS】
■最新コメント
■ブログ内検索

■カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■最新記事
■カテゴリ
■タグ一覧

■LINK
■QRコード

QR

■大きくなあれ!

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■E-mail

名前:
メール:
件名:
本文:

■バナー

サンプル

サンプル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

■RSSリンクの表示
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
シロバナマンジュシャゲ
DSC01730.jpg
シロバナマンジュシャゲ Lycoris × albiflora  別名 シロバナヒガンバナ
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科   Amaryllidaceae
ヒガンバナ連    Lycorideae
ヒガンバナ属     Lycoris


コヒガンバナ L. radiata var. pumila と、ショウキズイセン L. traubii   の自然交雑によって誕生したものと考えられています、赤いコヒガンバナと黄色いショウキズイセンの間の子なのですが、花色は両者の中間色ではなく、見ての通り薄いクリーム色です。

我が家に来たのはたしか私が高校生のころ・・・1988年頃ですから、かれこれ25年が経ちます。

DSC01732.jpg

ヒガンバナと同じく不稔でタネは出来ませんが、分球のスピードはヒガンバナに勝るとも劣らず、我が家のあちこちに生えています。一体何球あるのか・・・掘り出す勇気がありませんww

DSC01733.jpg

徳島南部では強健なこのリコリスですが、寒さにはあまり強くないようで、北関東以北ではあまり増えず、消滅してしまうこともあるとのことです、花色以外の葉の幅、耐寒性等は両親の中間を示しているようですねw




ヒガンバナ科 | 16:58:24 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
我が家の最古参リコリス
うちのも買って20年以上経ちますが、最初の何年かは鉢植えで育て、転居もあったので、ものすごく多いということはないかもしれません。
3年前に植え替えた時で100球以上あったのをご近所さんに分けたのですが、もうぎゅうぎゅうになりつつあります(苦笑)。

茨城南部の我が家では何の問題もなく越冬しているのですが、冬の平均最低気温が2度くらい低いところだと無理なのかも。
2014-09-14 日 20:34:08 | URL | blauregen [編集]
海岸に近いあたりなら北でも結構いけるのかもですね。
それにしても、よく増えます・・・おすそ分けはシャベル一杯とかそんな感じです(^^;
昔は結構高価でHCなどにはなかったのですが(近所の花屋さんに入荷したのを買いました)最近は3球500円以下くらいで買えますね。
2014-09-15 月 12:18:12 | URL | がと [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。