■プロフィール

がと

Author:がと
ゆる系ボタニカル

■公国フェイスブック
■公国ちゃんねる 【BBS】
■最新コメント
■ブログ内検索

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最新記事
■カテゴリ
■タグ一覧

■LINK
■QRコード

QR

■大きくなあれ!

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■E-mail

名前:
メール:
件名:
本文:

■バナー

サンプル

サンプル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

■RSSリンクの表示
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
1870年、地球の裏側からやってきた。
台風が去った後、我が家のレインリリー達もその名の通り、蕾をいっせいに伸ばし開花し始めました。
DSCF0661.jpg

タマスダレ(結実タイプ) Zephyranthes candida ( fertile type )
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科   Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム連  Hippeastreae
タマスダレ属     Zephyranthes

レインリリーに本格的に興味を持つ前はタマスダレはめったに結実しないものと思っていました、
ところがとある人のブログで良く結実するものの存在を知りました。
それからもう・・欲しくて欲しくて、いろんなところで探しました・・・、結果は見つからずじまい・・・・。

諦めかけていたころ、なんと近所の堤防で発見、
この個体は通常見る不稔のものと比べ、花弁が細く葉も貧弱です、二倍体でしょうか?

DSCF0645.jpg

タマスダレ(不稔タイプ)Zephyranthes candida ( infertility type )

こちらは我が家に昔からあるタマスダレです、これは純白の花を咲かせますが、花弁の先がピンクに染まるものもあります。



ヒガンバナ科 | 00:54:24 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
結実したタマスダレ
うちに以前からあるタマスダレ(としてHCで購入したもの)も、2番めの写真のものに花形などが似ていて滅多に結実しないのですが、たまたま採れたものはコロっとした種でした。
たった5粒でしたが全部発芽して、そろそろ咲くんじゃないかと期待しています。

去年Dソーで購入した白系の一部もよく似た花が咲き、すぐ結実しました。
播いたらほとんど発芽して、1年も経たないうちにわさわさと分蘖する勢いです。

近所の花壇でよく結実しているタマスダレは、最初の写真のような花弁が細長いタイプですが、葉はうちにあるのとあまり変わらないような。

とある方のブログは、私も見るだけですが一応日参しています。
タマスダレの記事を読む度、うちのは交雑由来なんじゃないかという疑念にかられます(苦笑)。
2014-08-13 水 12:38:12 | URL | blauregen [編集]
私が買ったDソーのは・・不稔の普通にみるタイプでしたw
いろんな仕入先があるのでしょうね。

実はへんなのも発見していて、5月末には開花して、がっちりしているにもかかわらず良く結実するものです、残念ながら(▼▼メな人様の敷地にあり、交渉の勇気が今のところ出ませんww 4倍体なのかも。

川の堤防を探索していても、群落によって、全てではないけどがっちりしていて割と結実するタイプのもの、殆ど結実する貧弱なタイプなどいろいろあって楽しいですね。

花ひととき様はよだれが出るような内容ですね、毎日閲覧してます。
渡来して140年ほどになるわけですから、どこかで混じっていてもおかしくありませんね。
2014-08-13 水 14:07:22 | URL | がと [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。