■プロフィール

がと

Author:がと
ゆる系ボタニカル

■公国フェイスブック
■公国ちゃんねる 【BBS】
■最新コメント
■ブログ内検索

■カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

■最新記事
■カテゴリ
■タグ一覧

■LINK
■QRコード

QR

■大きくなあれ!

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■E-mail

名前:
メール:
件名:
本文:

■バナー

サンプル

サンプル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

■RSSリンクの表示
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
在来系アマリリス・その④
IMG_1627.jpg
在来系アマリリス その④   Hippeastrum × hybridum  
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム連   Hippeastreae
ヒッペアストルム属    Hippeastrum


捨てられる予定だったものを、全て引き取るという条件で頂いてきましたw、30球ほどあるんじゃないかと^^;


IMG_1628.jpg
IMG_1630.jpg

前回紹介した、在来系アマリリス その①とよく似ていますが、こちらのほうが赤が鮮やかです。
一昨年の植え付けで去年まるまると球根を太らせ、今年やっと初開花しました。





スポンサーサイト
ヒガンバナ科 | 13:46:55 | トラックバック(0) | コメント(2)
在来系アマリリス・その③
IMG_1678.jpg
在来系アマリリス その③   Hippeastrum × hybridum  
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム連   Hippeastreae
ヒッペアストルム属    Hippeastrum


昨年、オークションで落札したものです。


IMG_1676.jpg

真紅の在来系アマリリスです、これも似たものが良く露地に植えられていますね^^;
それにしても最近の園芸品種や大輪品種を見続けてきたおかげか、色は派手でも地味に見えてしまいます^^;






ヒガンバナ科 | 13:26:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
アップルブロッサム&レッドライオン
IMG_1659.jpg
ヒッペアストルム・アップルブロッサム&レッドライオン Hippeastrum × hybridum 'Apple-Blossom' & H.’Red-Lion’
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム連   Hippeastreae
ヒッペアストルム属    Hippeastrum


ポピュラーな大輪系の園芸品種です、大昔から売られていますね。


IMG_1663_20150528130402f45.jpg

家内の実家から株分けしてもらったアップルブロッサムです、露地のものに比べたら少し背が低いです。


IMG_1662_20150528130406741.jpg

レッドライオン、覚めるような真紅の巨大花です


IMG_1660_201505281304047a9.jpg

比較画像、左からフェアリーテイル、スザンヌ、アップルブロッサム、レッドライオン
在来系はだいたいフェアリーテイルと同じくらいの花の大きさです、スザンヌはまた今度紹介します。







ヒガンバナ科 | 13:14:13 | トラックバック(0) | コメント(2)
ハリソニー?
IMG_1680.jpg

ヒッペアストルム ハリソニー X アングスティフォリウム Hippeastrum harrisonii x H.angustifolium
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム連   Hippeastreae
ヒッペアストルム属    Hippeastrum


前回蕾の状態だったハリソニー、今朝開花していました・・・・。
赤いハリソニー?聞いたことが無いです、2株セットでタキイ種苗から購入したうちの1株ですが?


IMG_1686.jpg
IMG_1689.jpg

もう一つのハリソニーとくらべて、花は一回り大きく、葉は細く、多く出葉しています。



IMG_1680_20150528125737b8c.jpg

う~ん・・・花色は普通の物に出るストライプのローズではなくどちらかと言うと鮮やかな赤です。
繁殖中に他種の花粉が混じったか?はたまた突然変異か??


IMG_1701.jpg

5月30日、追記 ほぼ満開状態となったので再びUPします。ちょっとうまく色が出ていません。
5月30日、追記 ヒッペアストルム ハリソニーとH. アングスティフォリウムの交配種らしきことが判明しました。









ヒガンバナ科 | 13:02:00 | トラックバック(0) | コメント(3)
ヒッペアスケリアさん、やる気出す
IMG_1671.jpg
ヒッペアスケリア ×Hippeaskelia (=×Hippeastrelia )
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム   Hippeastreae
ヒッペアスケリア属    ×Hippeaskelia  属間交配種


いったいどうしたのでしょう?初回開花からずいぶん間をあけて、続々開花を始めました、本来の花なのですね!


IMG_1668.jpg

花弁の広い、スプレケリアって感じです。


IMG_1652.jpg
IMG_1657.jpg

それにしても・・・この花は地味な割にはよくもここまで普及したものです・・・希な属間交配種ということが価値なのかしらん?









ヒガンバナ科 | 12:42:48 | トラックバック(0) | コメント(2)
ビリディラスカル
IMG_1494.jpg
ヒッペアストルム・ビリディラスカル  Hippeastrum × hybridum ’Viridi-Rascal’
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム連   Hippeastreae
ヒッペアストルム属    Hippeastrum


ガーデンオーケストラの中でも高性な品種です、花色からして、明らかにパビリオ H. papirio の血が入っていますね。親譲りの耐寒性は折り紙つきで、同シリーズのなかでも強健な部類です。


IMG_1577.jpg

通常のパビリオやその交配種が1つの花茎に2つしか花を付けないのに対し、このビリディラスカルは5つつけています。





ヒガンバナ科 | 13:11:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
フェアリーテイル
IMG_1568.jpg
ヒッペアストルム・フェアリーテイル Hippeastrum × hybridum ’Fairy-tail’
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム連   Hippeastreae
ヒッペアストルム属    Hippeastrum


中輪系のアマリリスです、これも野外で休眠越冬しました、去年の植え付け当初はまともな花は咲かなかったのですが肥培管理した結果見事に開花しました。


IMG_1572.jpg

なんとなく在来系の雰囲気のある花ですが、形のまとまりはさすがに最近の園芸品種です、花立ちもよいアマリリスです。





ヒガンバナ科 | 12:48:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
ハリソニー
IMG_1614.jpg

ヒッペアストルム ハリソニー Hippeastrum harrisonii
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム連   Hippeastreae
ヒッペアストルム属    Hippeastrum



昨年の春、タキイ種苗の通販で購入しました。
ウルグアイ原産の湿地性のアマリリスの原種です。バケツに水を張り鉢を漬けていますがこれでいいのでしょうか(^^;
晩秋から水を切り野外にて強制休眠させましたが、なかなか強健で春に無事復活し去年よりも形の良い花をつけています。
写真ではなかなか伝わらないのですが、花弁に入るローズレッドのストライプはなかなか良い色です。

IMG_1624.jpg


とは言え花は小輪で横のベニスジサンジコ?と比べてもこんな感じです。もう一株あるのですが現在花蕾をあげています。




ヒガンバナ科 | 12:34:52 | トラックバック(0) | コメント(2)
ドナウ
IMG_1522.jpg
ヒッペアストルム・ドナウ Hippeastrum × hybridum 'Danube'
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム連   Hippeastreae
ヒッペアストルム属    Hippeastrum


ローズレッドの中輪系品種です、去年の植え付け直後に開花し、その後も調子が悪く、鱗茎がスイセンハナアブの食害を受けたりと散々な目にあったアマリリスです。それからなんとか持ち直し、まともな開花姿が見れました。

残念なことに、明らかなウイルス斑が出現していますね、涙を飲んで処分。


 


ヒガンバナ科 | 13:32:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
アップルブロッサム
bDSCN0122.jpg
ヒッペアストルム・アップルブロッサム Hippeastrum × hybridum 'Apple-Blossom'
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム連   Hippeastreae
ヒッペアストルム属    Hippeastrum


私の住む町のとある所にアマリリス・アップルブロッサムの群落があります。


DSCN0123.jpg
DSCN0124.jpg

その昔、オランダのルードヴィッヒ農園 というところで作出されたもののようです、今でも園芸店に球根が並ぶ超ロングセラー品種ですね。写真のものは元はたった1つの球根から増えたものだそうで、あまり分球しないといわれる大輪系のアマリリスのなかでは例外的で強健(すぎる)なアマリリスです、赤ん坊の頭の直径くらいある花を70センチ程ある花茎の先に咲かせます、大迫力!

家内の実家にも植えられています、晩秋に出回るポット苗を移植したものだそうですが、他の品種は絶えてしまってアップルブロッサムだけが残って増えているとのことです、在来系真っ青ですね^^;





ヒガンバナ科 | 12:57:06 | トラックバック(0) | コメント(2)
在来系アマリリス・その②
IMG_1508.jpg
在来系アマリリス その②   Hippeastrum × hybridum  
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム連   Hippeastreae
ヒッペアストルム属    Hippeastrum


母親が嫁いできた際に実家から一緒に株分けされて我が家にやってきたアマリリスです、ということは45年前から我が家にあります(^^;
他でもよく庭や畑の隅に植栽されているのを見かけます。


IMG_1504.jpg


在来種とは書いたものの、このアマリリスって園芸種ではなく、江戸時代に渡来したと言われるベニスジサンジコ Hippeastrum vittatum ではないのでしょうか・・・という疑問があるのですが・・どうなんでしょうねぇ・・・。誰か知っている人いないかなあ。


IMG_1500.jpg


私にとっては長い付き合いで特別な思いのあるアマリリスです。




ヒガンバナ科 | 12:16:59 | トラックバック(0) | コメント(2)
ミナリアヤメ
IMG_1542.jpg
ミナリアヤメ  Iris foetidissima
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales  
アヤメ科        Iridaceae
アヤメ連          Irideae
アヤメ属          Iris


原産はヨーロッパ~アフリカ北西部 。
イリス属 Iris の仲間は大昔から大好きな花です。
このミナリアヤメは高校生のころ、徳島市内の園芸店でポット苗を購入したものの生き残りです。一年を通して常緑でシャガのような光沢のある葉を出し、灰紫色の短命で地味な花を咲かせます、結実し種子が熟すと果実の鞘が割れ、オレンジ色の派手な種が出てきます、このことから”実なり”アヤメなと呼ばれています。



アヤメ科 | 11:53:17 | トラックバック(0) | コメント(2)
在来アマリリス・その①
IMG_1456.jpg
在来系アマリリス その①   Hippeastrum × hybridum  
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム連   Hippeastreae
ヒッペアストルム属    Hippeastrum


通勤途中の畑の片隅で毎年咲く在来系のアマリリスです。
彼らにもかつて本当の品種名があったはずです。
これと同じ品種と思われるものが家内の実家にもあり、98歳で他界した祖父が若かった頃にはもう既にあったとのことです。過去色々なアマリリスが日本に渡ってきたはずです、その中で野に放され生き残ったものが”在来種”と呼ばれているようです・・・日本原産ではないので少し変だな~と思いますが、たくましく生き残った彼らの謎多き歴史にロマンを感じるのです。

何種類か我が家にもありますので開花次第UPしていきます。




ヒガンバナ科 | 17:00:21 | トラックバック(0) | コメント(2)
ヒッペアスケリア
IMG_1453.jpg
ヒッペアスケリア ×Hippeaskelia (=×Hippeastrelia )
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム連   Hippeastreae
ヒッペアスケリア属    ×Hippeaskelia  (属間交配種)


スプレケリア・フォルモシッシマ(ツバメズイセン) Sprekelia formosissimaヒッペアストルム Hippeastrum の1園芸品種の交配種です。既に我が家に10球以上あるはずのこのヒッペアスケリア、今年初めて、この1株のみ蕾をあげて開花しました。


IMG_1451.jpg


しかし、花弁の色は薄く、形もボロボロ・・・土が悪いのかなあ?ボナさん。




ヒガンバナ科 | 12:50:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
マラケシュ
DSCN0094.jpg

ヒッペアストルム マラケシュ  Hippeastrum× hybridum ’Marrakech’
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム連   Hippeastreae
ヒッペアストルム属    Hippeastrum

これもガーデンオーケストラシリーズにラインナップされていたものです、咲き始めはレモンイエローですが、時間が経つとうっすら桃色のグラデーションが入ります。

DSCN0093.jpg
IMG_1420.jpg




ヒガンバナ科 | 12:38:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
パークレッド
IMG_1394.jpg

ヒッペアストルム・パークレッド Hippeastrum× hybridum ’Park-Red ’
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム連   Hippeastreae
ヒッペアストルム属    Hippeastrum

サカタのタネの通販で去年購入、今年初開花。
ガーデンオーケストラシリーズに次ぐ耐寒性とのことですが、それ以外の性質は次ぐどころか強そうです(^^;海外のサイトではガーデンアマリリスと紹介されているところもあります。(写真が同じものかどうか怪しいけど^^;)
IMG_1398.jpg
DSCN0102.jpg
派手な赤の中輪花ですが形はオーソドックスな剣弁咲きで、装いは在来種系のアマリリスに近いですね。






ヒガンバナ科 | 12:17:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
ホワイトラスカル
DSCN0101.jpg

ヒッペアストルム・ホワイトラスカル Hippeastrum× hybridum ’White-Rascal’
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム連   Hippeastreae
ヒッペアストルム属    Hippeastrum

去年よりガーデンオーケストラのラインナップに加わっていますが・・・私はスワンレイク H.' Swanlake 'と同一でないかと疑っています(^^;
DSCN0105.jpg
IMG_1410.jpg


小ぶりな中輪の花です。



ヒガンバナ科 | 14:23:21 | トラックバック(0) | コメント(2)
アラスカ
DSCN0092.jpg
ヒッペアストルム・アラスカ Hippeastrum× hybridum ’Alasca’
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム連   Hippeastreae
ヒッペアストルム属    Hippeastrum

ガーデンオーケストラシリーズが続きます。
中、小輪、一重咲きがほとんどののガーデンオーケストラシリーズの中にあって、極めて異色を放つのがこのアラスカです。よくホームセンターで見かけるアマリリスのような巨大な大輪の八重咲きの花を咲かせます、でも球根は小さくてスイセンサイズです。
DSCN0091.jpg
最初食わず嫌いでこれだけ発注からハブっていましたが、購入してよかったと思わせる美しい花です。



ヒガンバナ科 | 14:12:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
バレンチノ

ヒッペアストルム・バレンチノ Hippeastrum× hybridum ’Balentino’
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム連   Hippeastreae
ヒッペアストルム属    Hippeastrum


DSCN0096.jpg
DSCN0098.jpg
これもサカタのタネ、アマリリス・ガーデンオーケストラのラインナップにあるものです。
ちょっと花の形がいびつですが、これぐらいのほうが私は好きかな。
去年の春の植え付けで今年はじめて開花です。




ヒガンバナ科 | 13:52:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
夢みたい
DSCN0081.jpg

ヒッペアストルム・夢みたい Hippeastrum× hybridum ’Yume-mitai’( That looks like a dream. )
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム連   Hippeastreae
ヒッペアストルム属    Hippeastrum

小森谷ナーセリー作出のアマリリスです、爽やかなグリーンに赤い筋が特徴です。
パビリオ H.papilio の血筋を引いているように見えますね、実際、耐寒性も良いようです。
DSCN0078.jpg
なんだか、とってもシンプルで一見、ほんとにアマリリスなんだろうか?と疑ってしまいます。





ヒガンバナ科 | 16:59:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
ラピド
IMG_1316.jpg
ヒッペアストルム ラピド Hippeastrum× hybridum ’Rapidol’
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム連   Hippeastreae
ヒッペアストルム属    Hippeastrum

これは発根を待たず、開花してしまったものです(^^;本来はもう少し背が高いアマリリスです。カネコ種苗から発売されています、私はガーデナーズショップ Ivy さんから購入しました。
IMG_1317.jpg
去年咲いたものは、草姿、花姿、共に素晴らしかったので今年も2つ球根を買足したのですが、左右で花の大きさが全く違います・・・右のものはレッドライオンかと思うような大輪です、左のが本来の大きさかなあ、去年購入したものは現在蕾を上げてきています。ちょっと耐寒性は弱い方でしょうか?ぐずつき気味です。
開花すれば追記致します。




ヒガンバナ科 | 12:20:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
オレンジラスカル
IMG_1298.jpg
ヒッペアストルム・オレンジラスカル Hippeastrum× hybridum ’Orange Rascal’
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム連   Hippeastreae
ヒッペアストルム属    Hippeastrum

これも、かつてサカタのタネ、ガーデンオーケストラのラインナップにあったものですが、今年の発売は無いようです(代わりに今年はなぜか国華園とタキイ種苗から購入可能でした。)背は高いものの、花はミニサイズ、大型のハブランサスよりも小さい花です(^^;群植させないと見栄えは悪いですね。横に見えるラピドは中輪系で背が低いのですがほとんど倍くらいの大きさです。
IMG_1304_20150506110050d12.jpg
この地味さがサカタのラインナップから外れた理由かも・・・。



ヒガンバナ科 | 11:47:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
ロリポップ
IMG_1288_20150506110046927.jpg
ヒッペアストルム・ロリポップ Hippeastrum× hybridum ’Lolipop’

分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム連   Hippeastreae
ヒッペアストルム属    Hippeastrum

サカタのタネから発売される、耐寒アマリリスシリーズ『アマリリス・ガーデンオーケストラ』(海外でSonatini ソナチィニシリーズとして発売されているもののようです)の初期からのラインナップされ現在も入手の容易なロングセラー品種です、近年では国華園やタキイ種苗などからも購入できます。

・・・・サカタのタネでは-5°にも耐える・・・とのことですが・・・・、栽培してみた私の印象ですが大概のヒッペアストラム(アマリリスの学名上の属名)はそれぐらいの耐寒性は持っていますし、原種のパビリオ H.papilioカリプトゥラタム H. calyptratum とかは、もっと強いようです(軒下とはいえ常緑越冬しました。)

北関東など耐寒性の限界に近いところなら違ってくるのかもしれません。

IMG_1294.jpg
ピンクのグラデーションが美しく、中型でバランスの良い花の姿です、私のイチオシですね、ただ最近の中輪系品種全体に言えることですが結実しません。


ヒガンバナ科 | 11:28:58 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。