■プロフィール

がと

Author:がと
ゆる系ボタニカル

■公国フェイスブック
■公国ちゃんねる 【BBS】
■最新コメント
■ブログ内検索

■カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■最新記事
■カテゴリ
■タグ一覧

■LINK
■QRコード

QR

■大きくなあれ!

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■E-mail

名前:
メール:
件名:
本文:

■バナー

サンプル

サンプル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

■RSSリンクの表示
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
自宅療養生活も終わりかけ
※2014-12-22 Monの投稿ですが、訳あって書きなおしています

しばらく身体を壊し、自宅で休んでおりました、やっと体調も元に戻り明後日から出社してみようかな・・などと庭を散策しておると・・・。
IMG_0668.jpg

なんですかこれは(^^;

以前、頂いたローマンヒヤシンス、適当な鉢に適当な土に入れてすっかり忘れ放置しておりました。
きちんと夏越ししてるでしょうか???<震え声

IMG_0674.jpg
ローマンヒヤシンス Hyacinthus orientalis var. albulus
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales    
クサスギカズラ科  Asparagaceae
ツルボ亜科       Scilloideae
ヒヤシンス連       Hyacintheae
ヒヤシンス属        Hyacinthus

トロ箱にひっくり返し整理・・・どうやら無事であったようです。それにしてもヒヤシンスもクサスギカズラ科に引っ越してたんですね・・・APG恐るべし。
IMG_0681.jpg
さて、もとの鉢に底石を入れます・・・(撮影のため洗浄してます^^;)
IMG_0686.jpg
赤玉中粒とコーナンの培養土を1:1、くん炭少々を満遍なく混ぜます、私のいつものやり方です。
IMG_0707.jpg
しまった!途中の写真撮り忘れた!既に球根が埋まっています(^^;
IMG_0708.jpg
シンスだっけヒシンスだっけ??と迷いながら札に明記、ヒヤシンスでしたww
裏にも書いておくと、なおGOOD!
IMG_0711.jpg
札をさして終了~!・・・・
IMG_0714.jpg
おおっと!ネコよけも忘れずに(^^;

現在、普通に出回っているダッチヒヤシンスよりも貧弱ですが、可憐で野趣あふれ、分球で増え群生するローマンヒヤシンス、以前から欲しかったのですがなかなか入手できなくて、隣町の畑に群生しているのを発見!頼み込んで頂きました。春の開花が楽しみですね。








スポンサーサイト
クサスギカズラ科 | 12:20:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
アコース!コズン!
img_0.jpg
© 創通・サンライズ

CAUTION!
※ 虫や爬虫類、その他不気味な小動物の苦手な方はこれ以上進まないで下さい。


-------退出 -------














本日も、適当に仮植えした鉢を整理しておりました・・・ここまではブログのネタにするつもりはありませんでしたが・・・・


IMG_0774.jpg


出た!


久しぶりに出くわしたので腰を抜かしました(^^; この長いものの正体は・・・

IMG_0792.jpg
シーボルトミミズ Pheretima sieboldi
ナガミミズ Haplotaxida
フトミミズ    Megascolecidae
フトミミズ      Pheretima

日本最大級の青いミミズです、日本固有種。


IMG_0780.jpg
写真には8匹しか写っていませんが、もう1匹います。2~3鉢の中にこれだけいました。
わりと小ぶりです、(大きいもので40センチを超えるものがいます)
IMG_0802.jpg
虹色に光りますが電撃は出しません。多分原理はカーズ様と同じでしょう(ウソww本当は体表にある微細な毛に光があたり乱反射しています)、越冬状態なのか動きが鈍いです・・・普段は俊敏に伸縮して時には力強く飛び跳ねます。

このミミズがよく見られるのは梅雨時で大雨が続くとは窒息状態になり空気を求めて地表に出てきます。

和名及び学名は、かのシーボルトが持ち帰った標本によって記載されたことにちなむそうです。
四国ではカンタロウミミズ又は単にカンタロウと呼ばれますが、そもそもカンタロウが人物なのか、そうだったとしてカンタロウという人がこのミミズにどう関わったのかはわかりません、おしっこをかけるとチ○コが腫れるとよく言われました(^^;。
興味深いHPを発見したので追記↓

ミミズにオシッコを かけると・・・・・
オチンチンが腫れるというのは迷信というのは迷信ではないだろう か?

By 工 房"も ちゃむら"のホームページ

う~ん私は反撃を受けたことはありませんが・・・。

私の小学生時代はグフミミズとかヒードロッドとか呼ばれていましたww、歳がばれますね。


0fef9f70のコピー
© 創通・サンライズ

富野カントク、大河原センセイごめんなさい。


超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第二部 カーズ 荒木飛呂彦指定カラー超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第二部 カーズ 荒木飛呂彦指定カラー
()
ワイズボックス

商品詳細を見る




1/100 MS-07B グフ (機動戦士ガンダム)1/100 MS-07B グフ (機動戦士ガンダム)
()
バンダイ

商品詳細を見る






| 18:46:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
ツイッター&フェイスブックと連携しました。

紹介

DSC01660.jpg
ゆる系ボタニカルブログを目指しています、たまに脱線します。




フェイスブック | 12:16:22 | トラックバック(0) | コメント(1)
カリバヌス フーケリー
DSC01880.jpg
カリバヌス フーケリー Calibanus hookeri
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales    
クサスギカズラ科  Asparagaceae
スズラン亜科       Nolinoideae
カリバヌス属        Calibanus  

7、8年前のことでしょうか、直径15ミリほどの芋からオバQのように2、3本の葉が生えたものを入手しました、現在直径6センチほど・・・直径25センチになるのはいつの日か・・・。
DSC01879.jpg
Nolinoideae (ノリノイデアエ:スズラン亜科) の学名が示すとおり以前はリュウゼツラン科に分類されていたノリナ Nolina やビューカルネア Beaucarnea に近縁のコーデックス多肉植物的に塊根植物のこと)です。観葉植物の中ではトックリラン Beaucarnea recurvataに近い仲間です。

寒さ、暑さにはことのほか強く、年中野外の陽だまりに放置しております、たまに枯れた葉や雑草を抜き取るくらいです。

しかし、DNA解析の結果といえど、スズラン Convallaria majalis に近縁とは・・・・進化とはわからんものです。




クサスギカズラ科 | 17:00:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
ヤツデとアイビーの合いの子
DSC01868.jpg
ファトスヘデラ リゼイ ’アンネミーケ’? × Fatshedera lizei 'Annemieke' ?
分類 APG III
セリ目   Apiales
ウコギ科   Araliaceae
フカノキ連   Schefflerieae
ファトスヘデラ属  × Fatshedera  (属間交配)
ラン科以外では比較的良く知られている属間交配の例の1つであるファトスヘデラです。
珍しく開花したのでUP、なお結実はしません。
DSC01870.jpg
我が家にあるのは中黄斑入りが美しいタイプで品種名ははっきりしません・・・WEB検索(^^;でアンネミーケ 'Annemieke'、あるいはメディオピクタ  'Mediopicta'らしいところまでわかりました。

ファトスヘデラについては、どこの園芸書にも以下のことががテンプレートのように記載されています。

『1910年ごろ、フランスのLize商会によってヤツデの園芸品種、モセリー Fatsia japonica ‘Moseri’と、イングリッシュアイビーの変種であるアイリッシュアイビー Hedera helix var. hibernica が交配され作出されました。』 と・・・。

たしか覆輪白斑のパリエガータ x Fatshedera lizei 'Variegata' が最初に作出され、その枝変わりで斑の無いファトスヘデラが誕生したはず・・・・。

ではこの写真のものはどうやって誕生したのでしょう????

モセリーじゃなくが片親だったりして(^^;


DSC01550.jpg
画像下にあるのがヤツデの高級品種、叢雲錦 Fatsia japonica ’Murakumonisiki' 私が所有するものの中で一番高価だったりします(^^;


 

ウコギ科 | 12:24:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
やっちまった
来春のポチリスト~!

サカタのタネ
アマリリス ガーデンオーケストラ アイキャッチャー  2球
アマリリス ガーデンオーケストラ スイートシックスティーン 2球
ヒメノカリスリットラリスバリエガータ3球
ゼフィランサス カリナータ  20球
クリナム エレンボサンケ 1球
セレージャ 1本(果樹)

タキイ種苗
ゼフィランサス カリナタ 60球!
ツルバキア ビオラセア 3球

カリナタは密かに期待を込めつつ大人買い~!
早く春来ないかな~。



買い物 | 16:13:18 | トラックバック(0) | コメント(3)
スイートスプリング
DSC01859.jpg
※2014.12.19 写真差替え(別の柑橘と間違っていました)

スイートスプリング Citrus ’Sweet Spring’
分類 APG III
ムクロジ目   Sapindales
ミカン科     Rutaceae
ミカン亜科    Aurantioideae
ミカン連      Citreae
ミカン属       Citrus
いきなり柑橘類ですが(^^;私のお気に入りです、ハッサク Citrus hassaku と温州ミカン C. unshiu の交配品種で、あっさりした甘みと爽やかな香りのおいしいミカンです。
ただ、写真のように中途半端に緑が混じり、見てくれが悪く市場にはあまり流通しないのだとか・・・・。

『ちくしょう スパゲティネーロだって

見てくれは悪いが

味は最高よ!

スイートスプリングの真の妙味を

あじわってから

ほざいてもらおう!』


とミカン農家の心の叫びが・・・聞こえるとか聞こえないとか。

皮が厚いところはハッサク譲りですが、酸味も殆ど無く、しつこくない爽やかな甘さ、本当においしいです(^^)

DSC01861.jpg

我が家には3株あります(^^;


ジョジョの奇妙な冒険第2部戦闘潮流総集編 上 (集英社マンガ総集編シリーズ)ジョジョの奇妙な冒険第2部戦闘潮流総集編 上 (集英社マンガ総集編シリーズ)
(2012/12/07)
荒木 飛呂彦

商品詳細を見る


ジョジョの奇妙な冒険第2部戦闘潮流総集編 下 (集英社マンガ総集編シリーズ)ジョジョの奇妙な冒険第2部戦闘潮流総集編 下 (集英社マンガ総集編シリーズ)
(2013/01/05)
荒木 飛呂彦

商品詳細を見る






ミカン科 | 21:47:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
白いひっつきむし
DSCF1091.jpg
シロノセンダングサ Bidens pilosa var. radiata
分類 APG III
キク目  Asterales
キク科   Asteraceae
キク亜科   Asteroideae
ハルシャギク連  Coreopsideae
センダングサ属    Bidens
我が家の周りで見るひっつきむしのセンダングサと言えば コセンダングサ B. pilosa  あるいはアメリカセンダングサ B. frondosa で花弁もなく地味な黄色い花なのですが、少し海岸部の方へいくと、この大きな白い舌状花を持つ変種のシロノセンダングサにとって変わります。
DSCF1093.jpg
最初は何の花だろうと思っていましたが、その正体は”ひっつきむし”、花以外は基準種のコセンダングサによく似ています。海岸の無霜地帯に大きな群落を作り、少しでも内陸に入れば全く見ないことから寒さに弱いのかと思いきや、東京の八王子市でもよく見られるそうです。港が近いので、単に船に乗ってやってきたのかも(^^;  ひっつきむし・・・以下WIKI情報(^^; ウィンター・コスモス B. laevis  も同属なのですね・・・少し見なおした次第です。
DSCF1095.jpg
これは舌状花が多くバランスのとれた花を咲かせていた個体、選抜すればもっと美しい花になりそう(^^;。

ちなみにセンダングサ属が含まれるハルシャギク連にはコスモス属 Cosmos やダリア属 Dahlia も含まれます。本来美しい花を咲かせる種が多い属のようです。

撮影 2014.12.9 徳島県阿南市橘町




キク科 | 19:01:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
その属名はどうかと?
DSC01852.jpg
ブルンスドンナ‘新世界’ x Brunsdonna ‘Shinsekai’
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科    Amaryllidaceae
アマリリス連      Amaryllideae
ブルンスドンナ    x Brunsdonna
 (属間交配)

今年、いきなり欲しくなり小森谷ナーセリーより購入、巨大な球根にwktk~
ホンアマリリス Amaryllis belladonna を父親に、ブルンスビギア オリエンタリス Brunsvigia orientalis を母親に誕生した属間交配種だそうです・・・・。

つまんないことですが私はこの属名は納得できません、なぜなら、ブルンスドンナとなればブルンスビギアとベラドンナの属間交配となります。・・・ベラドンナは種小名なのでこの用法間違ってませんか?アマリギア x Amarygia が正しいのでは??? まあ作出者がそう銘打っている以上しょうがありませんが(^^;


植え付け後約3ヶ月後に出葉しました、ともかく開花が楽しみでありマス。



ヒガンバナ科 | 21:37:13 | トラックバック(0) | コメント(4)
オオキツネのはずなんですが・・・・
DSC01855.jpg
オオキツネノカミソリ(徳島県南部産) Lycoris sanguinea var. kiushiana
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科   Amaryllidaceae
ヒガンバナ連    Lycorideae
ヒガンバナ属     Lycoris

良く考えたら、キツネノカミソリとかオオキツネノカミソリって春の出葉なのでは???島根県産も我が家にありますが、春に葉が出ますし、他のキツネ達も同様です・・・・。いままで、いっぱいあるので、当然のように思ってた(^^;




ヒガンバナ科 | 23:04:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
ネリネ クリスパ
DSC01847.jpg
ネリネ クリスパ Nerine crispa = ネリネ ウンデュラータ Nerine undulate
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科    Amaryllidaceae
アマリリス連      Amaryllideae
ネリネ       Nerine 

ネリネ クリスパの名前でよく見かけますが、現在ではネリネ ウンデュラータとされる場合が多いようです。
性質はボーデニー N.bowdenii と良く似ていて、寒さ暑さに強く、徳島県南部では野外の露地植えで大丈夫ですが、鉢植えで育てるほうが開花率も良くなるようです。
DSC01846.jpg
地味な花ですが、鉢で育てるとどんどん分球して花数も増えるようです。そこまでなるにはまだまだですが(^^;




ヒガンバナ科 | 22:22:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
ネリネ ボーデニー
DSC01842.jpg
ネリネ ボーデニー Nerine bowdenii
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科    Amaryllidaceae
アマリリス連      Amaryllideae
ネリネ       Nerine 

10年ほど前、確かコメリホームセンターで購入、植えっぱなしOKとかの文言がありましたが、前述のネリネ 桃よりも開花率、増殖率ともに悪く、増えも減りもしないといった印象です。

今年、鉢に上げたほうが調子が良かったらしく形の良い花を咲かせました。
DSC01848.jpg
草姿があまり好みじゃないなあ(^^; サルニエンシス系のほうがやっぱりいいですね。




ヒガンバナ科 | 20:28:51 | トラックバック(0) | コメント(2)
植えっぱなしネリネ2
DSC01841.jpg
ネリネ 桃 Nerine Pink flower type
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科    Amaryllidaceae
アマリリス連      Amaryllideae
ネリネ       Nerine 

今をさかのぼること20数年前、私が高校生だったころに買ったネリネの生き残りです、管理の方法とかなにも知らず畑の隅に植えて、その年私は上京、そして12年後、帰郷して再開したときには・・・猛烈に巨大な株に・・・誰だ?サルニエンシス系が寒さに弱いとかいった奴?(花色からしてボーデニー Nerine bowdenii が混ざっていそうですが)

このネリネも去年、プランターに植え替え仮植え状態ですが。今年も2つ花を咲かせました、いつもより少し小ぶりです。

DSC01840.jpg
写真だと花弁のキラキラが再現できませんね・・・残念。
落葉樹の下とか半日陰のほうが調子が良いようです。



ヒガンバナ科 | 17:21:14 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。