■プロフィール

がと

Author:がと
ゆる系ボタニカル

■公国フェイスブック
■公国ちゃんねる 【BBS】
■最新コメント
■ブログ内検索

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最新記事
■カテゴリ
■タグ一覧

■LINK
■QRコード

QR

■大きくなあれ!

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■E-mail

名前:
メール:
件名:
本文:

■バナー

サンプル

サンプル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

■RSSリンクの表示
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
在来系アマリリス・その④
IMG_1627.jpg
在来系アマリリス その④   Hippeastrum × hybridum  
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム連   Hippeastreae
ヒッペアストルム属    Hippeastrum


捨てられる予定だったものを、全て引き取るという条件で頂いてきましたw、30球ほどあるんじゃないかと^^;


IMG_1628.jpg
IMG_1630.jpg

前回紹介した、在来系アマリリス その①とよく似ていますが、こちらのほうが赤が鮮やかです。
一昨年の植え付けで去年まるまると球根を太らせ、今年やっと初開花しました。





スポンサーサイト
ヒガンバナ科 | 13:46:55 | トラックバック(0) | コメント(2)
在来系アマリリス・その③
IMG_1678.jpg
在来系アマリリス その③   Hippeastrum × hybridum  
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム連   Hippeastreae
ヒッペアストルム属    Hippeastrum


昨年、オークションで落札したものです。


IMG_1676.jpg

真紅の在来系アマリリスです、これも似たものが良く露地に植えられていますね^^;
それにしても最近の園芸品種や大輪品種を見続けてきたおかげか、色は派手でも地味に見えてしまいます^^;






ヒガンバナ科 | 13:26:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
在来系アマリリス・その②
IMG_1508.jpg
在来系アマリリス その②   Hippeastrum × hybridum  
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム連   Hippeastreae
ヒッペアストルム属    Hippeastrum


母親が嫁いできた際に実家から一緒に株分けされて我が家にやってきたアマリリスです、ということは45年前から我が家にあります(^^;
他でもよく庭や畑の隅に植栽されているのを見かけます。


IMG_1504.jpg


在来種とは書いたものの、このアマリリスって園芸種ではなく、江戸時代に渡来したと言われるベニスジサンジコ Hippeastrum vittatum ではないのでしょうか・・・という疑問があるのですが・・どうなんでしょうねぇ・・・。誰か知っている人いないかなあ。


IMG_1500.jpg


私にとっては長い付き合いで特別な思いのあるアマリリスです。




ヒガンバナ科 | 12:16:59 | トラックバック(0) | コメント(2)
在来アマリリス・その①
IMG_1456.jpg
在来系アマリリス その①   Hippeastrum × hybridum  
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科     Amaryllidaceae      
ヒッペアストルム連   Hippeastreae
ヒッペアストルム属    Hippeastrum


通勤途中の畑の片隅で毎年咲く在来系のアマリリスです。
彼らにもかつて本当の品種名があったはずです。
これと同じ品種と思われるものが家内の実家にもあり、98歳で他界した祖父が若かった頃にはもう既にあったとのことです。過去色々なアマリリスが日本に渡ってきたはずです、その中で野に放され生き残ったものが”在来種”と呼ばれているようです・・・日本原産ではないので少し変だな~と思いますが、たくましく生き残った彼らの謎多き歴史にロマンを感じるのです。

何種類か我が家にもありますので開花次第UPしていきます。




ヒガンバナ科 | 17:00:21 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。