■プロフィール

がと

Author:がと
ゆる系ボタニカル

■公国フェイスブック
■公国ちゃんねる 【BBS】
■最新コメント
■ブログ内検索

■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最新記事
■カテゴリ
■タグ一覧

■LINK
■QRコード

QR

■大きくなあれ!

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■E-mail

名前:
メール:
件名:
本文:

■バナー

サンプル

サンプル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

■RSSリンクの表示
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
その属名はどうかと?
DSC01852.jpg
ブルンスドンナ‘新世界’ x Brunsdonna ‘Shinsekai’
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科    Amaryllidaceae
アマリリス連      Amaryllideae
ブルンスドンナ    x Brunsdonna
 (属間交配)

今年、いきなり欲しくなり小森谷ナーセリーより購入、巨大な球根にwktk~
ホンアマリリス Amaryllis belladonna を父親に、ブルンスビギア オリエンタリス Brunsvigia orientalis を母親に誕生した属間交配種だそうです・・・・。

つまんないことですが私はこの属名は納得できません、なぜなら、ブルンスドンナとなればブルンスビギアとベラドンナの属間交配となります。・・・ベラドンナは種小名なのでこの用法間違ってませんか?アマリギア x Amarygia が正しいのでは??? まあ作出者がそう銘打っている以上しょうがありませんが(^^;


植え付け後約3ヶ月後に出葉しました、ともかく開花が楽しみでありマス。



スポンサーサイト
ヒガンバナ科 | 21:37:13 | トラックバック(0) | コメント(4)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。