■プロフィール

がと

Author:がと
ゆる系ボタニカル

■公国フェイスブック
■公国ちゃんねる 【BBS】
■最新コメント
■ブログ内検索

■カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■最新記事
■カテゴリ
■タグ一覧

■LINK
■QRコード

QR

■大きくなあれ!

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■E-mail

名前:
メール:
件名:
本文:

■バナー

サンプル

サンプル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

■RSSリンクの表示
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ネリネ クリスパ
DSC01847.jpg
ネリネ クリスパ Nerine crispa = ネリネ ウンデュラータ Nerine undulate
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科    Amaryllidaceae
アマリリス連      Amaryllideae
ネリネ       Nerine 

ネリネ クリスパの名前でよく見かけますが、現在ではネリネ ウンデュラータとされる場合が多いようです。
性質はボーデニー N.bowdenii と良く似ていて、寒さ暑さに強く、徳島県南部では野外の露地植えで大丈夫ですが、鉢植えで育てるほうが開花率も良くなるようです。
DSC01846.jpg
地味な花ですが、鉢で育てるとどんどん分球して花数も増えるようです。そこまでなるにはまだまだですが(^^;




スポンサーサイト
ヒガンバナ科 | 22:22:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
ネリネ ボーデニー
DSC01842.jpg
ネリネ ボーデニー Nerine bowdenii
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科    Amaryllidaceae
アマリリス連      Amaryllideae
ネリネ       Nerine 

10年ほど前、確かコメリホームセンターで購入、植えっぱなしOKとかの文言がありましたが、前述のネリネ 桃よりも開花率、増殖率ともに悪く、増えも減りもしないといった印象です。

今年、鉢に上げたほうが調子が良かったらしく形の良い花を咲かせました。
DSC01848.jpg
草姿があまり好みじゃないなあ(^^; サルニエンシス系のほうがやっぱりいいですね。




ヒガンバナ科 | 20:28:51 | トラックバック(0) | コメント(2)
植えっぱなしネリネ2
DSC01841.jpg
ネリネ 桃 Nerine Pink flower type
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科    Amaryllidaceae
アマリリス連      Amaryllideae
ネリネ       Nerine 

今をさかのぼること20数年前、私が高校生だったころに買ったネリネの生き残りです、管理の方法とかなにも知らず畑の隅に植えて、その年私は上京、そして12年後、帰郷して再開したときには・・・猛烈に巨大な株に・・・誰だ?サルニエンシス系が寒さに弱いとかいった奴?(花色からしてボーデニー Nerine bowdenii が混ざっていそうですが)

このネリネも去年、プランターに植え替え仮植え状態ですが。今年も2つ花を咲かせました、いつもより少し小ぶりです。

DSC01840.jpg
写真だと花弁のキラキラが再現できませんね・・・残念。
落葉樹の下とか半日陰のほうが調子が良いようです。



ヒガンバナ科 | 17:21:14 | トラックバック(0) | コメント(2)
植えっぱなしネリネ
DSC01821.jpg
ネリネ・レッド (国華園) Nerine Red flower type  Sold by Kokkaen
分類 APGⅢ
クサスギカズラ目 Asparagales     
ヒガンバナ科   Amaryllidaceae
アマリリス連      Amaryllideae
ネリネ          Nerine 

DSC01820.jpg
徳島唯一のナブコホームセンターで購入したネリネです、植えっぱなしOK!の文句につられて購入・・・・
他にもオレンジとホワイトがありますが、オレンジは

 sogekineko.png

されました(TT)、ので今期は紹介できません、クソネコどもめ・・・・

ネリネ サルニエンシス Nerine sarniensis 系の園芸品種と思われますが、徳島の冬の寒さ程度ではびくともしません・・といった予想(^^; というのは、20年以上前に購入した、同じくサルニエンシス系と思われるネリネ 桃花が露地でたくさん増えているからです(これは花の大和あるいは今は球根から撤退してしまった第一園芸のものだったか・・・さて?)

寒さに強いといわれるボーデニーは我が家では相性が悪いのか、あまり咲いてくれませんが、これらは良く咲いてくれますね、花も豪華ですし。





ヒガンバナ科 | 22:21:34 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。